セルフイメージからアイデンティティへの進化へ 3つの科学的視点から希望の力で未来を切り拓く鍵  全8個コンテンツ ※各動画には動画コンテンツに関連するテキストコンテンツHPを用意しています。テキストコンテンツはパスワード入力でご覧いただくことが出来ます。動画の最後の方にパスワードが表示されますので、そのパスワード入力によって詳細のコンテンツをご覧ください。

複数の視点を持つと、その複数の視点から、広い視野を持つ事が出来る。しかし、その為には、視座を上げなければ広い視野を眺める事は出来ない。視座を上げるとは抽象度を上げる事。

視点の多様性を意識し、思考の枠組みを外して、視座を高めて抽象度を上げることが重要です。

そのためには、
物事を俯瞰的に捉え、全体像を意識する
短期的な視点だけでなく、長期的な視点を持つ
個々の要素だけでなく、全体との関連性を考える事です。

8-2

【深堀り解説】 アイデンティティーとは

アイデンティティーの2つの側面、包括的なアイデンティティーの構築、変化し続けるアイデンティティー、アイデンティティー探求の重要性についてお話しします。

8-1

選択を支配する無意識の糸 脳科学・心理学・行動経済学3つの視点で解き明かす
知らず知らずのうちに操られている? 無意識の糸が選択を支配する仕組み
選択の自由は幻想なのか?
快不快の原則 人間の行動を操る見えない力 意識と無意識の狭間にあるもの