自己認識はメタスキルです。

自分の持っている、スキルを使いこなすことが出来るスキルがメタスキル。


ハードスキルとは?
体系だった知識 理論や手法やツール
経済学、統計学、会計、ファイナンス、戦略という、体系立った知識はハードスキルと呼ばれます。

                              
ソフトスキルとは?
 自己および対人関係に関するスキル
コミニケーション力、交渉力、リーダーシップ、ストレス耐性を含めたメンタル力などの、自己および対人関係に関するスキルはソフトスキルと呼ばれます。
                                                        
メタスキル ハードスキルやソフトスキルを使いこなすスキル 応用スキルという訳です。

メタスキルを使いこなすうえで、正確な自己認識を持っていることが前提条件となっているので、その障害となる
バイアスやスコトーマについて知り、自分自身の盲点を理解し、心理的な盲点である
弱点だけでなく、強みや能力や才能を新たに発見するうえでも、正確な自己認識は欠かすことが出来ないスキルとなるのです。

自分でも知りえない、自分を知る過程はコンフォートゾーン(今いる自分を超える)事で
発見できます。つまり、自己認識とは自分の知らない自分を創造していくプロセスもそこには含まれるのです。
過去や現状の自分だけではなく、未来の自分とのギャップを埋める。それがコンフォートゾーンを超える事であり、
自己認識を変える、つまり自己イメージを変えて、なりたい自分になるということでもあるのです。