※一番下に動画があります。表示されるのに時間がかかる場合があります。

イーロン マスクは、テスラの「機械を作る機械」の革新について長い間語ってきました。近年、彼は、製造業がテスラの競争上の優位性の第 1 の分野になると考えていることを、公の場でもプライベートでも私に DM で強調してきました。テスラが同業他社を凌駕する方法。とはいえ、テスラ オプティマスがその改善された効率重視の製造能力において役割を果たしていることについて、彼はあまり語っていません。ただし、オプティマスが現在計画の一部になっているのは当然のことのように思えます.

Musk は Optimus に大きな期待を寄せており、Tesla にとっては、同社が製造する自動車よりも大きな取引になるかもしれないと考えています。「これは、時間の経過とともに車両ビジネスよりも重要になる可能性があると思います」と彼は今年初めに述べました。Optimus をテストして改良するのに、Tesla の自社工場ほど適した場所はありません。そこでうまく進化できれば、きっとほかの工場や家庭など、さまざまな場所で活用できるはずです。

「Optimus」には、テスラの車に搭載されているオートパイロットシステムの技術を応用したものが使われているとのこと。マスクは映画『ターミネーター』のような世界になることを防ぐために、停止ボタンなどの安全装置を搭載していると強調。

「Optimus」が人材の不足している場所に派遣されれば、たくさんの人が恩恵を預かることになるだろう。こうした人型ロボットが社会に浸透すれば、私たちの働き方には大きな変化が起きるはずだ。
約290万円で販売予定とのことです。